現在位置: Top / アップルスクリプト

アップルスクリプト

iTunes

■複数トラックのチェックマークをつける/はずす
■選択項目をAACに変換
■選択項目をAIFFに変換
■選択項目をMP3に変換
■再生回数を変更
■マイレートを変更
■現在再生している曲をフェードアウトで終了させて次の曲を再生する
■キャピタライズ(語頭を大文字に)
http://members.at.infoseek.co.jp/obto/script/script3.html

CLIEとiTunesと連携させることができるのですが、CLIEはMP3のみの対応。一方iTunesはAACで読み込みするように設定。PodcastなどでAACで配信されている場合もあります。そんなときに変換をするわけですが、普通のメニューではAACの設定では、「AACに変換」というコマンドしか現れません。そんなときにここのスクリプトが役に立ちました。

起動時にサーバーをマウント

mount volume "smb://username:password@servername/sharedfolder/"
アプリケーションとして保存し、システム環境設定→アカウント→起動項目に追加します。