現在位置: Top / 新しいウイルス出現のテンプレート

新しいウイルス出現のテンプレート

同じパターンの文章が

 Windowsの脆弱性を突く新種ワーム、ネットに接続するだけで感染
マイクロソフトや情報処理推進機構などは●月●日に公表されたWindowsのセキュリティ・ホール(脆弱性)を突いて感染を広げるワーム(ウイルス)が出現しているとして注意を呼びかけた。セキュリティ・ホールが存在するWindowsマシンは、ネットに接続するだけで感染する恐れがある。対策は、マイクロソフトが公開している修正パッチを適用すること。ファイアウオールなどで不要なポートをふさいでおくことも重要である。
 ワームに狙われているセキュリティ・ホールは、「●●●」の脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる。細工が施されたデータを送信されると、バッファ・オーバーフローにより、任意のプログラムを実行されたり、権限の昇格を許したりする。

対策をしていない人がまだまだ多いのでしょう。