現在位置: Top / RSSの未読管理を一元化

RSSの未読管理を一元化

rss2imap
http://rss2imap.sourceforge.net/ja/index.html
RSSの情報を取得し、IMAPと連携し、メールとして読むことができるソフト
複数クライアントからの未読管理が容易になります。

Thunderbirdからのアクセスを考慮

フォルダの指定

Thunderbirdはフォルダの購読のほかに、自動で新着をチェックするかをフォルダごとに指定しないといけないため、フォルダはなるべく少ないほうがいい。

そのため

folder: RSS.ブログ
subject: [%{channel:title}] %{item:title}

などのようにある程度まとまるようにしたほうが便利。

HTMLを見やすくする

デフォルトのHTMLでは、サイトをそのまま表示し、広告やらブログペットなど非常にうるさい。
ThunderbirdでシンプルHTMLにすると画像やリンクがなくなる。
そこで、rss2imapの出力をカスタマイズする。

rss2imap/RSS2IMAPLIB/Rss2imap.pmの中に

sub get_html_body {

というルーチンがある。

ここにフレームでサイトを呼び出している部分があるので、これを含めた周辺行を変更することにする。

        my $return_body =<<"BODY"
<html>
<head>
<title>$subject</title>
<style type="text/css">
blockquote {
border: 1px #AAA dotted;
background:#EEE;
border-left: solid 10px #FFCC33;
}
</style>
</head>
<body>
$rss->{channel}->{title}
<b>$item->{title}</b>
<hr>
$desc
<hr>
<a href="$item->{link}">$item->{link}</a>
</body>
</html>
BODY

サイト登録などの簡易化

設定ファイルがサーバーにあるとTelnetでログインして編集ということになるが、設定ファイルをsambaからアクセスできる場所に置いておくと、すぐに書き込むことができる。