現在位置: Top / mirrorによるウェブサーバーのバックアップ


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*mirrorによるウェブサーバーのバックアップ
レンタルウェブサーバーもCGIやPHPが可能になり、インタラクティブになりました。
そうなると、ウェブサーバー上に情報が置かれたままで、ローカルにソースを置いておいて、アップロードする従来の様子とは変わってきました。
そこで、mirrorを使って、レンタルウェブサーバーから追加・変更されたファイルだけをローカルにダウンロードするようにしました。
-mirrorをダウンロード

**mirrorをダウンロード
http://www.sunsite.org.uk/packages/mirror/
-導入
 # mkdir /usr/local/mirror
 # cd /usr/local/mirror
下記の項でwgetを使って取得している。

**導入
 # mkdir /usr/local/lib/mirror
 # cd /usr/local/lib/mirror
 # wget http://sunsite.org.uk/packages/mirror/mirror.tar.gz
 # tar xvfz mirror.tar.gz
 # tar zxvf mirror.tar.gz
 # perl install.pl here
-ftp.plを差し替える

**ftp.plを差し替える
付属のftp.plではディレクトリの一覧取得で失敗するので、ftp.plを差し替える。
-設定
&ref(ftp.pl);

**設定
mirror.defaultをmirror.default.backとバックアップをしておいて、
 # vi mirror.default
 package=default
 site=ftp.aaacafe.ne.jp
 local_dir=/home/samba/Backup/package1/
 remote_dir=/
 remote_user=<username>
 remote_password=<password>
 get_file=true
 dir_mode=0755
 file_mode=0644
 do_deletes=true
 group=help
 passive_ftp=true
 timeout=300
 
 package=package2
 site=ftp.aaacafe.ne.jp
 local_dir=/home/samba/Backup/package2/
 remote_user=<usrname>
 remote_password=<password>
 remote_dir=/
  
 package=package3
 site=s1.xrea.com
 local_dir=/home/samba/Backup/package3/
 remote_user=<usrname>
 remote_password=<password>
 remote_dir=/

-定期的に実行する
**定期的に実行する
 # crontab -e
 30 02 * * sun /usr/local/lib/mirror/mirror